小児性肥満

小児性肥満について

小児性肥満

全世界的に小児に最も一般的な栄養障害で、毎年、その頻度が増加している。

 

ボディマス指数は性別と年齢を基準にして85?94.9百分位数は、太りすぎ、95百分位数以上、または25以上であれば肥満と定義する。

 

ボディマス指数は体重(kg)÷{キー(m)xキー(m)}で計算する。他の病気があり、肥満が生じる場合が病的肥満、病気なし生じる場合を単純肥満という。

 

また、肥満自体は、糖尿病、高血圧、高コレステロール症、心血管疾患などを誘発して二次的に深刻な健康障害をもたらす。しかし、肥満は、予防が可能で、難しいですが、治療が可能なため、肥満の治療の失敗に屈しない積極的な心と行動が治療に重要である。


小児性肥満を治すには?

治療は非常に困難に小児青少年時期に減量が正常に成人期に至るまでの場合は稀である。

 

身体は自分の体重を検出し、維持しようとする機能があり、体重を減量すると体は自分が飢えていると判断して、体内代謝量を減らし、脂肪を蓄積する方向に身体作用の方向を変えて、最終的にヨーヨー現象として知られているよう肥満状態の体重に戻っていくことになる。最終的には小児青少年での体重調節もどのくらいの減量した体重を維持するかが重要である。

 

また最近では食事で治療するという方法も注目を浴びています。
食育資格ナビ|食と健康を学べる人気の資格を取得しよう!

 

次のような場合には、減量にほぼ失敗する。

 

1)減量の意志がないのに、他人がするようにして実施した場合、
2)一度に成功する必要があり堂々と見えるという考え
3)理想的であるが非現実的な計画
4)の助けを与える味方がいない場合、
5)を1回失敗した恐れ放棄する心
6)自分が怠けて肥満が生じた誤った考えに陥った場合、マラソンを走る人と100mを走る人の心構えと姿勢が違うように、減量はマラソンを走る人の心構えで長期の計画を立てて着実に自分自身を調整する方法しかない。もちろん、良いコーチがあれば成功の可能性はより高い。

 

マラソンを走る人の中に最初から42.195 kmを完走する人は絶対なく、多くの失敗を経て、徐々に距離を伸ばして時間を減らす。絶対に急がたり、一度に成功する理由もなく、してはならない。また、今回の失敗したので、また失敗するだろう、という敗北感に事前にせまる理由がない。

 

なぜなら誰もがすべての始まりは下手困難であり、途中で間違えて失敗することがあるからである。開始は、自分ができることから始めて、最初は体重を減らすより体重を維持するだけで成功したものである。自分自身を信じて愛する心の広さだけ体重は徐々に陥るされている。詳細については、非常に複雑で、最初は必ず他の人の助けが必要である。病院では、医師--親-子が実現可能な方法を一緒に探して、この中で最もよくすることができることから実施すればよい。成功すれば良いものであり、失敗した場合、当然であり、再びとされているだけだからである。